ポイ・フル

   

 

スポンサーリンク

 

 

POIBOYというマッチングアプリがある。

僕もやっている人の画面を見たことあるだけで、そんな詳しくはないが簡単に説明すると

 

女の子の画面に、沢山の男性の写真が表示される。気に入った容姿の人が居たら「ポイ」って書いてあるボタンを押す。

男はとりあえず最初に出来ることはほとんどない。待つのみ。「ポイ」されたらスタート。その女の子にメッセージを送ることが出来る。

女性から好意(外見の)を抱いた場合のみメールになるので、メッセージの返信率が高いらしい。そういうアプリ。

 

 

 

脈が無い恋愛にガッツリ付き合った結果

 

↑あの記事でオモコロ杯を受賞した2ヶ月後、稲田に会った。(もし上の記事を読んでいない場合、そちらから読んだほうがいいです!)

稲田の話はあの記事以上書かないようにしてたんだけど(僕はあれより良い稲田を書けないので。蛇足に感じそうでしたらここで閉じましょう)

 

 

 

まあブログだし、そんなみんな見ないから良いだろと思ったので書きます。

 

 

稲田くんとルイさんのおかげで取れたような賞なので、2人にはご飯をご馳走することになっていた。

2人には公開前に記事を送ったが、怒られることも無くよく笑ってくれて、何故か職場の人に拡散するなどして楽しんでくれた。いい奴らだなと思った。

 

 

ルイさんからNGが出た為2人同時には会えなかったので、ルイさんとの食事は事前に済ませておいた。

ルイさんとは地鶏の焼鳥を食べに行ったが、稲田とは節約のため宅飲みにした。

 

 

アンパンマンとも別れ、ルイさんを諦めた稲田は、マッチングアプリに手を出していた。

POIBOYは昨日始めたらしく、彼の中で熱を持っているようだった。

 

 

「結構ポイされるんだよ!」

「よかったじゃん」

「使った写真は友達に撮ってもらった最高の1枚」

「会った時どうすんの」

「いやいや女側だってSNOWとかプリクラだからお互い様ですよ」

「まあそんな写真と違くないから大丈夫か」

「万が一揉めても、その時はその時だよ! 中身重視の人もいるし」

「そのアプリには絶対いない」

 

 

稲田は今年中に彼女を作ると息巻いていた。

相変わらず出会いは無いようだった。

 

 

「その、稲田にポイした人見せてよ」

「えー……いやー……」

「なに」

「いやなんかさ、ポイはされるんだけど、なんか」

「ああ」

「好みの子からはポイされないんだよね。ルイさんみたいなのから来ればすぐメールするんだけど」

「そんなもんだろ」

 

 

「俺は今年中に絶対彼女を作る。で、夏までは理想を追い求めたいんだよね。秋からは現実的に作りに行くから、こう、そのへんのお手頃な人とか行けばいいんだけど、夏までは理想のさ、完全に満足できる彼女じゃないと嫌なんだよね」

 

 

 

ああ、何も変わっていない。最高。懐かしい。

本当に自分のことしか考えてない。夜行バスで消灯した瞬間に納豆巻を食べ出す男だ。

なんだそのへんのお手頃な人って。いないからアプリやってんだろ。

 

 

その日は稲田の家でそんな話をしながら、ちょっとボードゲームとかをして遊んだ。

翌日は2人でゴルフの練習に行くことになっていたので、アラームをセットして眠りに就いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝 7時

 

「オイイイイイ!!」

 

 

 

稲田の、銀魂の映画を見た女性みたいな奇声が響く。

アラームセットした意味もなく、不機嫌に目覚める。

 

 

「……なに」

「み、みてくれ!」

 

 

稲田はPOIBOYの画面を見せてきた、どうやら寝ている間にポイされたらしい。そんなことで奇声をあげるな。

 

画面にはギャルっぽい女の子が写っていた。

 

 

「ル、ルイさんに似てない?」

 

言われてみればちょっと似ていた。

 

「あーたしかに! 雰囲気近いな」

「だよな! やべー! やったー! キター!」

 

こいつの理想はルイさんだったのか、まだ盲目なのか。まあでも、もうルイさんは無理だからこっちにいくのはいいかもしれない。ポイしてるってことは見た目がタイプ寄りということだろうし。

 

「やったじゃん」

 

「おう! うわー最初なんて送ろうかな、もう夏だけど『寒くなってきましたね』から入るとかどうかな

 

「そういうのが一番ヤバいんだよ」

 

 

 

稲田はスマホに釘付けになっているので、勝手にスティックタイプのコーヒーを2杯淹れた。

昨日買ってた菓子パンを食べながら、ゆっくりと脳を起こす。

 

「返信来たよイィィィ!」

 

テンションがすごく高い。不死鳥みたいな喋り方になってた。

まあでも良かったななんて思いながらボーっとTVを眺めていたら、稲田が急に黙り込んだ。

 

 

「……おかしい、変だ」

 

何かブツブツつぶやいていた。

 

「どうした?」

 

「返信も早いし、何かメールもいい感じなんだよ」

 

「いいじゃん」

 

 

「……おかしい、俺にそんな事、普通はあり得ない」

 

「なに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前、この子、仕込んだだろ!」

 

 

 

 

 

 

 

いや知らない知らない知らないよ。なんだそれ。

なんだそのクソネガティブな危機察知は。

 

 

「知らないよPOIBOY自体知らないんだから」

「嘘だ! またブログに書く気だろ!

「知らないよ。書かないよ」

「罠だ絶対、お前の罠だ、俺はこの子いかないからな!」

「いや好みなら勿体無いよ本当に俺関係ないんだから」

「うわおかしいそんな引き止めてくるなんて、絶対仕込みだ!」

「よく考えろよ無理だろ数時間でルイさん似のギャル用意するの」

「いやお前は記事とかの為にそのくらいやる!」

「何だと思ってるんだよ、無理だよ」

「いや絶対怪しい、名前も”ほむ”だし!」

「名前がなんなんだよ」

ほむは、ホームだろ! ルイさんと合わせて野球に関連する名前で……」

「発想力すごいなあ!」

「……でもお前の仕込みだとしても、可愛いからいくか!

「なんなんだよ」

 

 

 

 

そうして、メールしてデートして、音信不通になったそうです。

 

 

もうすぐ夏が終わりますので、その辺のお手頃な方はご注意下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 - 日記