カツサンドを食べたかっただけ

      2017/08/09





スポンサーリンク

 


どうしてもカツサンドが食べたかった。こんな事を呟くくらい食べたかった

 

どうしてもこれが食べたいなんて日、中々無い。

「今日はコレでいいか」みたいな感じで決めているはずだ。「絶対これが食べたい」なんてそうそう無い。これにしよっかなーくらいのモチベーションであるはずだし、それであれば多少予定が狂ったとしても受け入れて生きていけている

 

友人と遊んでて、なんとなく夜ご飯は肉がいいなみたいに考えていたら友人が

「夕飯食いたいものとかある? 無かったらはなまるうどんのそうめんがいい。俺は今マキヤが思っている1000倍は食べたいと思っている。もし食べたい物があるなら言って欲しい。俺は正直めちゃくちゃそうめんが食べたいから、ちょっとこれが食べたいくらいだったらもう黙っていて欲しい。俺と同じくらいのレベルで食べたいものがあるって言うならその時はディベートしよう」

って言ってきて「いえ、そうめんで大丈夫です」と答え、そこそこ不本意な夕飯そうめんをすすったけど、結果的に満足はした。

 

だが今日は違う。俺は絶対にカツサンドを食べたい。今そうめんがどうとか言ってきたらぶち殺してやるくらいカツサンドが食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べだい。

 

 

 

発端は会社の昼休みだった

オフィスのフロア内では食事が禁止されている。その代わり元々会議室だったところに机と椅子をピッチリ並べた雑な部屋が用意されており、何か買ってくるなり作ってくるなりしたものを食べたければそこで食える。ただ昼飯時はほぼ満席になる事が多くアヘン窟みたいになっているので、僕はあまり近寄らない。外で食べるか、主任という立場をフルに駆使してフロアで食べている。

その日もコンビニでパスタを買って、いつものようにフロアの自分の席でフタを開けたのだが、チーズの匂いが一瞬立ち込め、すぐにフタを閉めた。

 

よくない。

 

ただでさえ本来フロアで食べてはいけない。俺が勝手にルールを破ってるだけ。そこで更に匂いまで放つのはなんかよくないと思う。偉めの人に怒られる気がする。俺のことを「小僧」って言うあの役員に怒られる気がする。

 

 

仕方なくパスタを持って、アヘン窟の方に移動した。

大変混雑していたが、新卒の女の子たちから「マキヤさん! 空いてますよ!」と声をかけて頂いた。なんていい人たちなんだ

 

軽く談笑しながら食べていたのだが、1人の女の子がなんかオシャレな箱に入ったカツサンドを食べていた。

 

「珍しいね、カツサンドなんて」

「これ地元のパン屋さんのやつで、めっちゃ美味しいんですよ! 1ついりますか?」

「いや、大丈夫。ありがとう」

 

普段、カツサンドは値段の割に、みたいな部分があって中々選ばれない。買った記憶が殆ど無い。

サンドイッチ食べたい気分の時はサンドイッチ食べるし、肉感が欲しければ鶏肉を揚げた奴買うし、そもそもサンドイッチじゃ足りない時は弁当なりカップ麺なりを買う。胃袋の状態が難しい、朝食には重いし、昼食では持たないし、夕飯にパンがそもそもあれだしで、買うことが無い。コンビニでも400円くらいするし、それなら他の買うわってなってしまう

 

なのでそもそも興味を持っていなかったのだが、どうも、目の前の人がすごく美味しそうに食べるのだ

 

幸せを口に含んだような顔で、もぐもぐと

「やっぱこれすごい美味しいなー」

とか言いながら、食べているんだ

 

食べているところをそんなに見るわけにもいかないので自分のパスタに集中するが、急に、すごく味気ないものに感じた。

 

 

(俺はこんなチーズ味の麺なんて、食べたくない……)

 

(食べたい……カツサンドが)

 

 

 

心はカツサンドに傾いていた。こんなパスタ今すぐにでもかなぐり捨ててやっていい。俺は君のそのカツサンドが食べたい。濃厚なソースで味付けされたサクサクな衣と柔らかな肉をふかふかのパンで包んだそれが食べたい。

でもさっきカッコつけて大丈夫とか言っちゃったから今更「やっぱくれ」なんてとても言えない。いや、冗談めいて言うことは出来る、でもまだ、そこまでの関係性は出来ていない。俺がそういう冗談を言う感じなのかの背景が無い。代理でやった朝礼で、星占いとか血液型の相性の話とかして、大事な健康診断の知らせを伝え忘れた上司くらいの認識のはずだから言えない。あれ、何か言えそうな気もする。いややっぱ言えない。帰りに買う。もう決めた。だから今はいい。早く食え。気持ちを切り替えたいから視界から一旦去ってほしい

 

 

 

【17:00】

 

お腹が空いてきた

カツサンドが食べたい。狂いそうだ。

さっきの子のところにわざわざ行って「最寄り駅どこ?」って聞いたけど変な誤解とかされていないだろうか

 

あの子の地元の駅は僕の家と逆方向にとても遠く、パン屋も17時とかで閉まってしまうので諦めた

カツサンドが食べたくて「カツサンド 画像」って検索した人間はこの世にどれだけいるんだろう

 

調べていたら、ファミマにプレミアムカツサンドというものがあるらしかった。

 

 

 

これだわ。決まった。

いや、完全に美味そう。カツより食パン部分にやけにこだわっている感じが気になるけど、絶対美味しいやつだ。北海道沖縄じゃなくてよかった。

ぐるっと回れば2軒のファミマを通って駅までいける、余裕だ。どっちかにあればいい。早く仕事終われ。絶対に早く上がる今日は。今日は早く上がれそうな感じあるし大丈夫だと思う。いける。

 

 

 

 

【18:00】

 

 

 

「すみませんマキヤさん、浜田さんが訪問に行ってるお客様からお電話で、話にならないから上長を呼べとクレームです」

 

 

 

 

 

 

【21:30】

 

 

今、夜の街に開放された。

怒ってしまったからカロリーを消耗した。

ドッと疲れている

 

正直ラーメンとかのが全然食べたい気もするんだけど、もうカツサンドって決めている日だから、カツサンド買って帰るから

 

そしてファミマに行くのだが、冒頭のツイートの通りで売ってない。2軒目にもない

もうファミマじゃなくていいやってことでジグザグな帰り方をして5軒のコンビニを回ったけどない

地元の駅に着いて、そこからもコンビニを巡ったけど無い

なんかチキンカツサンドとかハムカツサンドとかしかなかった

 

今はそういうフェイク野郎じゃなくて、王道のカツサンドが食べたいのに。ハムカツサンドなんかめちゃくちゃ置いてあったけどなんだよまじでハムじゃねえか。お前ハムじゃねえか。

 

どうすればいい。スーパーのカツサンドはなんかあまり信用できない。自作? 味の保障がない。ダメだ。それに今日じゃなきゃダメなんだ。食べたいこの気持は確実に明日にはそうでもなくなってるから、今日じゃなきゃダメなんだ。今日食べないとしばらく引きずる。絶対引きずる。後悔する。高校卒業間近とかでなんとなくお互い好きみたいなのわかっているんだけど卒業するし今の関係性ももどかしいながらも心地良いから別に大学も別々だし無理に勇気を出す必要ないかとか自分に言い訳してちょっとだけ薄く期待しながら何事も無く卒業した一週間後みたいな後悔をする。そんな子いなかったけどそのくらい後悔する

 

自分が行ける範囲の最後のコンビニにたどり着いた。ここに無ければもう、今日買うのは無理だ。

本当はファミマのプレミアムカツサンドが食べたいが、ここはデイリーヤマザキだ

デイリーヤマザキの時点でなんとなく期待が出来ないが、一縷の望みに僕は賭ける

 

 

 

 

行くぞおおおおおお!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無かった。

 

サンドイッチコーナーがスッカスカでわりとすぐ無いことに気づけた

 

 

最後の店だったので、仕方なくチキンカツサンドを買った

別にまずいわけじゃないけど、食べたかったのはこれじゃないなと思った

やっぱあの時勇気を出しておくんだったな

 

 

 

【翌日】

 

 

あんまり興味がなかったけど部下が昔オムライス屋でバイトしてたって話を聞いてた

 

卵を片手で何個も割って、ふわふわのオムレツをたくさん作っていたらしい

 

チーズを入れて、ビーフシチューをかけたやつをまかないでよく食べていたらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オムライスが食べたい……!)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 日記