カップヌードル新発売

   

スポンサーリンク

 

 

コンビニで、少し変わった味の新発売カップ麺を見ると思い出す話がある。

 

 

 

サラリーマンだった頃、昼食はコンビニで買うことが多かった。

もちろん会社周りにに飲食店も沢山あったのだが、毎食となると値段もかさむ。

コンビニのものが結構旨いということもあり、昼食がコンビニの比率は高かった。

 

さすがに毎日のように行っていると、ある現象に悩まされる。

 

「食べたいものがない」

 

これ。これに尽きる。

あんなに沢山の商品があるのに、その中のどれにも食指が動かない。

 

「カップ麺どれも食い飽きたな……」

「パスタって気分じゃないな……」

「うわ弁当ロクなのねえわ」

「パスタサラダ……?」

「おにぎりもパッとしねえな」

「パンは夜まで持たないしな」

 

そんな感じで、気が狂って何故かチーズかまぼことかを昼食として食べる日々だった。

 

 

ある日、コンビニで部下のイカれ浜田と出くわした。

浜田は熱心にカップラーメンの棚を見ていた

 

 

「見て下さい! こんなの出てますよ!」

 

 

そこには、見慣れぬカップ麺が2つあった。

 

 

どん兵衛、カルボナーラうどん味

カップヌードル 抹茶シーフード味だ。

 

 

「まずそうだな」

 

「マキヤさんどっちにしますか?」

 

「なんでどっちかなんだよ」

 

「先に選んでいいですよ」

 

 

 

 

特に食べたいものも無かったので、せめてマシそうなカルボナーラうどんを選択した。

 

浜田は「じゃあ僕はこっちですね」と、ポケモンのシゲルのように抹茶シーフードヌードルを取った。

 

 

 

2人で会社に戻り、アヘン窟の如く人で溢れた会議室(食事を摂っていい場所)で並んで変なカップ麺を食べることに。

 

「どんな味か気になりますね」

「確かに」

「普通だったらショックですね」

「それならそれでいいよ」

 

 

熱湯を入れてからの待機時間が、僕はうどんなので5分待たなきゃいけないのに対し、浜田は3分だった。

 

 

「すみません、先頂いていいですか」

「伸びちゃうから早く食べな」

「それでは……」

 

蓋を開けると、抹茶だからか、色のキモい麺とスープが現れた。

 

「うわ、マズそ」

「いやいやいや、意外と、意外と有りかもですよ」

「よかったそっちにしないで」

 

 

 

そして浜田は、緑色の麺を1口すすり、こう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本当だ! カルボナーラの味がする!」

 

 

 

 

 

いやそっちじゃないよ。お前は抹茶の方だよ。

カルボうどんはまだ蓋すら空いてないよ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 日記